2015年4月15日 (水)

息子の入学式

Img_3882

ようやく落ち着いて過ごせる様になってきました。私がsweat01

桜が綺麗に咲くこの時期、雨が降るやら予定があるやら、

折角晴れても仕事やらで、落ち着かない日々を過ごしていましたが、

そんな入学式の日、と~っても穏やかで天気の良い日に恵まれましたcherryblossom

Img_4024_2

我が家のお隣さんからのお下がりのスーツが息子にピッタリdashアリガタヤ~

ピカピカのランドセルも黄色い帽子が緩い所も、新一年生らしくていいねshine

一人で児童館へ遊びに行ったり(徒歩2分)、

忘れ物を学校まで一人で取りに行ったり(徒歩1分)、

一人で出来る事が段々増えています。

 

息子と同じくバラや多肉も元気に成長中scissors またそのうち。

 

 

 

|

2014年11月10日 (月)

ありがとう

01

自宅から車で20分位の所まで紅葉が下りてきました。

そんな秋を感じたのか?アカホシゴマダラも11/6に生涯を終えました。

我が家に来て1か月と3日。ちょうちょって長生きなんですね~。

天国では広いお空で飛べるようにと、息子と一緒にお空の広く見える所へ

埋めてあげました。泣く息子catface

いつまでも優しい心を持っていてねshine

ありがとう、ちょうちょさんconfident

022014.11.4

 

 

 

 

 

|

2014年11月 4日 (火)

ディズニーシーで迷子 その2

 

* 夕暮れとバラ *

01

今日の夕焼け綺麗だったな~。

三脚持ってどこかへ行きたい気分だったけど、夕飯作りに専念~coldsweats01

でも夕焼け色がもったいないから、

狭い庭から見える小さな空を背にあおいと一緒に。

 

 

 

ディズニーシーで迷子 その1の続き

 

帰ってこない主人と迷子の息子が気になり、荷物をまとめてその場を後にした。

丁度ショーが始まり辺りは明るくなるが、人だかりで何も見えない。

息子の名前を呼んでみてもショーの音でかき消されてしまう。

簡単に見つける事は出来ないなと思うと、

息子は今頃不安な気持ちで私達を探しているんだろうと想像すると

切なくて悲しくて申し訳なくなる。

途中で主人に会ったが、

迷子センターに私のケータイ番号を知らせておいてくれと頼まれる。

主人は相当走り回っている様子だったので、

私は逆に目立つ場所に立ち、私からも息子からも見つけ易い様に

あまり動かないようにした。

5歳の息子もそんなに遠くへは行かないだろうと思った。

ショーの明かりが何色にも変わり辺りを照らす中、

ひたすら人混みの中の子供に目を凝らす。

 

 

 

いたっ!!!

スタッフの人に手を引かれる息子がいたっ!!!

「△△ーーーっ!!(息子の名)

すみませんっ、私の子供ですっ!!」

息子は私に気付くと顔をくしゃくしゃにした。私も泣きながら抱きついた。

「ごめんね、ごめんね、良かったぁ見つかって~。

ありがとうございます。本当にありがとうございますぅぅぅ~crying

本当に良かった。見つかって良かった。

変な人に連れていかれなくて本当に良かった。

スタッフの人にお礼を言い、息子の涙を拭いながら自分の涙も拭いた。

ショーはまだ続いている。

普段は重くて出来ない肩車をして、

人だかりの上からちょっとだけ見えるショーを見せながら、

そのまま迷子センターへ向かった。

 

迷子センターで息子が見つかった旨を伝えると、

ついさっき主人が来て、すぐまた探しに行ってしまったと言う。

主人との連絡手段が無いので、迷子センター周辺で待つこと20分位。

可愛そうな位の表情で戻ってくる主人が帰って来た。

息子 「おとぉーさんっ!!!」

主人と知り合って20年経つが、泣き顔を見たのは1度きり。

後から聞いたら、そんな主人も息子の顔を見て涙が出たと言う。

色々言いたい事はあったが、やめておいた。

04

今回なぜ迷子になったのか息子に聞いてみると、

トイレに行った後、

お父さんと同じような服を見つけて咄嗟に追いかけたのだそう。

父親からすれば、息子がピューっとトイレから飛び出していってしまったと。

普段どこかへ行ってしまうタイプの息子では無いけれど、

それでも迷子になる事はあるのだと勉強になった。

そして次回からは「迷子シール」というのを必ず貼ろうと思う。

 

長々と読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ

|

2014年11月 3日 (月)

ディズニーシーで迷子 その1

01_2

※トーマスはディズニーではありません

主人の会社の福利厚生を利用させて頂き、

バスツアーで東京ディズニーシーに行ってきたーevent

5歳の息子には初めてのディズニーリゾート。

主人も私も初めてのシー。

ランドも10年位は行ってないような気がする。

今日は3連休の中日dash

現地には11:00~20:00までの滞在。

勝手もよく分からず、取れたファストパスは海底2万マイル。

その合間に比較的空いていた20分待ちの

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジに入る。

しかし人気アトラクションは140分待ちとか、

ファストパスチケットは午前中で完売とか、

ポップコーンワゴンにも長蛇の列、列、列!

仕方ないよね、連休中日の11:00着だもん。

何せ無料でシーに行かせてもらえるんだから、文句は言えまいsmile

アトラクションに入れなくても、5歳児が遊べる所は沢山あった。

その代り夕方から始まるファンタズミックは前列取るぞ!

02


03

ファンタズミックの開始1時間前に、

予めネットで調べておいた鑑賞おすすめスポットに向かった。

おぉ!ミッキー広場のセンターにまだ座れる場所があるっshineラッキーshine

風が出てきて少々肌寒くなってきたので、主人と子供を座らせ、

ホットコーヒーとタオルケットを人混みをかき分け買いに行く。

戻ると今度は息子がトイレに行きたいと言う。

今度は主人にお願いして連れて行ってもらった。

パレード開始まであと15分位かな~という時、後ろの方から主人が私を呼ぶ。

主)○○~!(私の名)、△△(息子の名)戻ってないっ?!

私)えっ!戻ってないよ!!

主)トイレ終わったらピューっとどっか行っちゃったんだよっ。

  探してくるからそこで待ってて!

うそでしょーcoldsweats02何で子供を迷子にするのよーannoy

しかも今日に限ってケータイ家に忘れてる主人dash

何やってんのよannoyと心の中で主人を攻めつつも、

すぐ見つかるんじゃないかと思いながら座って待つ。

でもこの人混み。辺りはもう暗い。

5歳児が迷子になったらそんなに簡単には見つからないんじゃないか。

もうパレードが今にも始まりそうな時だったが、

帰ってこない主人と迷子の息子が気になり、荷物をまとめてその場を後にした。

 

 

その2へ続く…

 

 

 

|

2014年10月23日 (木)

今日のアカホシゴマダラ

01

頑張って生きてる。しかしもう飛ぶ余力は無くなってきた。

足も触覚も綺麗な羽も、少しずつ痛み始めてきている。

それでもまだ薄めたハチミツを吸ってくれるweep

02

↑保護した当時はまだ暑い日だったけど、

今日は特に寒くなるという。

大丈夫かな。

 

 

 

 

|

2014年10月16日 (木)

アカホシゴマダラの生活サイクル

01

今日は陽気も良くってちょうちょも元気notes

ちょうちょのクセ?が何となく分かってきた。

朝晩は羽を閉じて寝ている。

朝明るくなって来ても体温が上がるまでは羽を閉じているので、

羽を広げ始めた時が起きた時らしい。その時にカルピスを与える。

朝食なのが分かるのか、

最近は手に乗せると黄色いストローを出してくる様になったhappy01

お腹一杯になった感じも分かってきた。

カルピスは陽気が良ければ朝昼晩与えている(3食日向ぼっこ付きheart01)。

02

ここ最近冷え込む朝晩でも特に保温しないけど、どの位生きてくれるんだろう。

愛着湧いちゃったなぁ~sweat01

 

 

 

| | トラックバック (0)

2014年10月14日 (火)

昆虫記

01

保護したのは10月3日。ちょうど台風18号が来る突風吹き荒れる日。

バラの様子を見に行くと、バラ鉢の中でうずくまっている蝶を発見。

台風が去るまで…と部屋に入れた。

よ~く見ると右目が少し潰れている。

強風でどこかにぶつけたのかな。

部屋の中で飛ばしても歩かせても、どうもくるくる回ってしまう。

きっと自然界じゃ生きていけないなと勝手に判断し、

今では朝昼晩のカルピスが日課となっているcoldsweats01

02


03

最初は虫かごの中で大人しくしていたけど、やっぱり虫。

カーテンや壁にくっついてる方が安心するらしい。

ネットで調べると「アカホシゴマダラ」という外来種の蝶で、

アゲハチョウとかよりも人を怖がらないみたい。

手を差し伸べるとすぐ乗ってきてくれてかわいいshine

日課のカルピスも、

前あしで飲み物を感知してから黄色のストローで飲んでいるnotes

04

確か去年はタマムシ拾ったな~sweat01

自宅前のアスファルトで瀕死状態(に見えた)タマムシを救って(捕獲して)、

エサになる榎を探し回って、1週間生きたかな。

05


06

何だか書いているうちに、自分のしている事が

虫の為なのか余計な手助けなのか分からなくなってきたdash

07

いやしかし、このちょうちょさんは自力で蜜は吸えないと思うので、

どうかカルピスで生きながらえてほしいconfident

 

そういえば最近バラと多肉の話を出してないけどそのうち。

とりあえず今回の台風19号でバラはボロボロcrying

 

 

 

| | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

秋の味覚

00_3

先日カメラを持って、知人とフラフラ山奥へ行ってきましたcamera

いつも庭の花をタムロン90で撮ってばかりいるので、

ズームレンズで覗く風景がとても新鮮でした。

獣道のような道を歩いていると、知人が何かを発見sign01

01_2

タマゴタケ」というキノコ。この毒々しいキノコがなんと食べられるという。

色の割にこえだちゃんと木のおうちみたいな可愛らしいフォルムにくぎ付けeye

森の中に這いつくばる怪しい二人sweat02

いくら食べられると言っても、この色を見たら食欲無くなるよね~

なんて言いながら帰宅。

どんなキノコなんだろうとネットで調べると、

何だかとっても美味しいらしいgood

煮てしまうと色が落ちて普通のキノコになってしまうので、

バター醤油等で炒めるのがオススメなんだとか。

但しこれに似た「ベニテングタケ」という毒キノコもあり、注意が必要sign03

知れば知る程もう一度タマゴタケを撮りに行きたくなって、

次の日一人で山奥へ~rvcardash

昨日撮ったキノコはもう既に誰かに採られてしまったらしい。

そんなに美味しいのか?

もっとまわりを探すと、綺麗なタマゴタケを5つ発見。

02

03

急こう配な場所だったせいか残っていたのかな。ちょっと命がけで撮影sweat01

04

はい、お持ち帰りさせて頂きました。好奇心を抑えられませんでしたcatface

きっと早死にするタイプです私。

バター醤油で炒めたこのキノコは、結局とっても美味しかったのですshine

香ばしく甘い香り、旨みが広がりコクと甘味があって、

椎茸よりもはるかに美味しい。

また山へ行ったら、また探したくなるほどの味でした。

次の日飽きもせず、先日の知人と再度同じポイントへ。

3つ残したはずのタマゴタケ、もう無くなっていました。

どうやらライバルがいるようですsmile

 

そんなこんなで3日連続山奥へ行ったお話でした。

 

 

 

| | トラックバック (0)

2014年7月 3日 (木)

誰もが通る道?

 

 

 

実母と同居。

 

 

 

あと3日。

 

 

 

 

| | トラックバック (0)

2014年5月26日 (月)

プチ家族旅行

那須へは行った事が無い私ですが、

子供の喜びそうな所と、日頃ステーキを食べたがっている主人の願いとを

叶えるべく行き先をネットでチョイスし、

週末に家族と那須へ行ってきました。

1_2

2_2 

3 

那須とりっくあーとぴあで異空間を楽しみ、

4 

道の駅友愛の森にあるレストランで那須和牛ステーキ丼を食べ、

お口の中でとろけるお肉に感動し、

5

余興が終わった所で私の本命ガーデンショップ リーフハウスsmile

リンクのサイトを見ても分かるように、もぅもぅ心くすぐるガーデン雑貨たちの

「… ワタシヲ ツレテ カエッテ …heart02」光線がパネ~。

6

7

8

外の植物たちもどストライクな物ばかりで、あと1時間いたかった。

しかし眠い息子とそれをなだめてくれている主人を放置出来ずに、

後ろ髪引かれる思いで宿へと出発rvcarsweat01

9

毎年主人が友人達とのバイクツーリングでお世話になるペンションルポゼ

私は初めて行きましたが、

貧乏性で残す事が出来ない私さえ残してしまう程のお料理の数sign01

しかもウマイsign03夕食も朝食もステキでしたshine

10

翌日はお菓子の城ハートランドでいちご狩りheart

この時期でもおいしいイチゴがたっくさんなっていて、

コンデンスミルク&イチゴ好きな息子は嬉しそうに頬張っていましたhappy01

 

那須はまだまだいっぱい見どころがありそうです。

 

 

 

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧